北の発明屋 下山 強のホームページ スリーエス・コンロ、NEW給湯槽

其の三  特許でなくても売れる…?

  小生をはじめ、「町の発明家」の顕著な特色のひとつに、自分のアイデアや発明は絶対に売れると思い込む・・・奇妙な習性があります…笑
もうひとつは、特許を取れば必ず儲かると思っている人がおります…これらはいずれも業界本の無責任なアオリ方にも問題がありますが、ハッキリ言って世の中そんなに甘くはないで笑!…。

  そこで初心者の「町の発明家」の皆さんは、試作にお金の掛からない発明をすることをお勧めします…最初から金型を必要とする発明はあまりにも無謀で笑!…。
小生の発明仲間にも見切り発車で金型を発注して、在庫の処分に困っている人がいますが…概ね貧乏?な「町の発明家」は過度な先行投資は避けるべきであります。

  本当に良いアイデアであれば、他人が資金を出してくれますし…また、特許取得と売れるということは全く別物であり、売るほうが圧倒的に難しいです。
そこで詐欺まがいの売り込み広告や斡旋業の出番となりますが、相手にしないで自分で企業に売り込みをします…で、いかに売込みが難しいかを身をもって知る事になるで笑…

  その挫折感こそが、「賢い町の発明家」へと導いてくれるのであります…ッて、フォローになってませんネ…

  お詫びの印に、小生の最初の開発商品を例に紹介しますが、この商品は特許出願のみで審査請求は掛けておりません…つまり特許ではありません。
金型代は台湾で当時1000万円近く掛かりました(日本では約2倍です)。
知人の会社(東京)が全額出す予定でしたが、最終的には利益折半という条件で当方も半分出資しました。

  これは開発から商品化まで1年半くらいで済みましたが、開発費は金型代は別にして、試作品代に500円くらいと…メーカーとの打ち合わせで東京に3回と、製造委託した台湾に2回(ほとんど遊び半分)で合計50万円チョットです。

  販売会社は、その業界ではナンバーワンの「アカギ」という会社で…条件は商品の大小6サイズ混在で、20フィートのコンテナ1台分が最少注文ロットです…1サイズが品切れになっても20フィートのコンテナ1台分なので、のちに泣きが入り条件緩和をしました…笑。

  ちなみに1回の注文で当方の利益は230万円前後でした…この商品は、高額な金型代を掛けてまで真似しないだろう、という判断で審査請求を見送りましたが…特許でなくても良いアイデアには他人が金を出すし、売れるという見本です。

  当HP…その他の開発品→「ボイダーS」をどうぞ…